未分類

貯金よりも優待がおすすめな理由

今回は貯金より株主優待がおすすめな理由について解説していきます。

まず現在の金利ですが大手のメガバンク約0.001%程

これでは金利による収入はほとんど望むことはできず、銀行はただお金を預けておくだけの場所=貯金箱と変わらない存在になりつつあります。

特にこれからの時代は年金への不安や終身雇用の限界も見えてきたため、今までい所に個人が資産を増やしていかねばならない時代となりました。

老後の不安を解消するためにも資産の活用方法について学んでいく必要がありますよね。

そこで、この記事では貯金に代わる資産の増やし方である株式について解説していきます

株式を保有するメリットは持っているだけで配当金が年3%程みこめることや、独自の優待があり生活の助けになる点です。

お金について学ぶことでお金の不安を解消していきましょう。

貯金よりも優待がおすすめな理由

圧倒的低金利

現在の銀行金利ってものすごく低いですよね。(約0.001%程)

この金利では例えば1千万円を預けても1年で1万円にしかならない計算です。

以前は預けているだけでお金が増えていた銀行ですが、今はその役割を失いつつあります。

もちろん預けていて減ることがないから安心できる等の理由ならこれ以上安全なところはないでしょう

ただ、せっかく使わないお金があるのであればそのお金に働いてもらってはいでしょうか

・1千万預けても1年間で1万円にしかならない

・お金に働いてもらうことで資産を有効に使うことができる

優待品がもらえる

僕がおすすめする株式投資であれば、自分の代わりにお金が働いてくれるため各社の優待品を受け取ることも可能ですよ。

リスク管理も大切です

株式投資はあくまで投資。株式の上下や損をする可能性もあるので注意が大切です。

まず重要なのは、株式というのは価格が安定していないという意識を持つことです。

会社の業績や景気の良し悪しにも当然左右されます。

例えばたばこを販売している日本たばこ産業(JT)は配当率が現在約6%ほどの高水準ですが、たばこ自体が斜陽産業でありこのまま業績が改善していくのかは考える必要があります。

このように株価や株主優待だけをみて投資内容を決めるのではなく、

会社の事業そのものにも注目する必要があるのです。

日本たばこ産業のように普段生活していて気にする製品もあれば機械の部品メーカーや一般消費者向けでないいわゆるBtoBと呼ばれる会社に関しては自ら調べなければ業績やニュースなどに気をかけることはできませんよね。

株価そのものがあなた資産に直接かかわっているという認識を持つことが重要です

Blog Village
Blog Village

にほんブログ村 その他生活ブログへ