一人暮らし

一人暮らしでミニマリストを目指すべき理由

今回は一人暮らしの方に読んでいただきたい、「一人暮らしがミニマリストを目指すべき理由」というテーマについて書いていきます。

結論から言うと理由は大きく3点

  • 節約になる
  • 部屋が広く使える
  • モノの束縛から自由になる

以上になります。

ミニマリストとは簡単に言うと多くのモノを持たずに少ないもので幸せに暮らす人のことを指します。

僕がおすすめするのは徹底したミニマル志向というよりは余裕のあるゆるミニマリストくらい。ある程度少ないものでよりシンプルな暮らしがおすすめです。

ミニマリストとは

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。
物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになり、その後日本でも広まったと見られる。何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、少ない服を制服のように着回したり、一つの物を様々な用途に使ったりするほか、誰かと共有したり借りたりすることで、自分が所有する物を厳選している点が共通している。
少ない物で豊かに暮らすという考え方自体は、環境問題の深刻化などを背景に以前からあった。近年は、物だけでなく多くの情報が流通する中で、たくさんの物を手に入れても満たされなかったり、多くの物に埋もれて必要な物が見えなくなったりして生きづらさを感じる人たちが増え、自分にとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけを取り込むことで楽に生きたいと共感が広がっているようだ。必要な物だけを持つミニマリストの思想は、10年頃から流行した整理法「断捨離(だんしゃり)」などにも通じる考え方と言える。

参照:コトバンク

一人暮らしでミニマリストを目指すべき理由

節約になる

一人暮らしにおいて浪費は大敵。まずは少ないものになれることがとてもたいせつです。

あれも欲しいこれも欲しい…とやってしまうと部屋も狭くなり、浪費につながってしまいます。

もちろん本当に欲しいと思うものが買うべきです。しかし、1週間後に考え直してやっぱりいらなかったとなるばかりでは一向にミニマルな生活はやってきません。

欲しいものがあったらまず我慢して、少し時間をおいてから買うようにしましょう。

本当に気に入ったものなら時間がたって冷静になっても欲しいはずですよ。

部屋が広く使える

一人暮らしのほとんどの人はワンルームタイプに住んでいます。荷物が多ければ多いほどこのワンルームでは手狭になってしまいます。

置くものは厳選してこだわったものだけ置くことで部屋が広く見えるだけでなく、綺麗に保つことにもつながります。

モノの束縛から解放される

捨てられない人の多くはまだ使えるかもしれない着れるかもしれないと

ものに執着するのはもうやめましょう。

ものを捨てる癖付をすれば大事なものばかりの部屋になり、身も心も軽くなるはずです

Blog Village
Blog Village

にほんブログ村 その他生活ブログへ