お金

【国民全員に不労所得?】ベーシックインカムとは??

ベーシックインカム制度について解説

こんにちはりょーすけです!

今回はお金に関してのミニコラム「ベーシックインカム」について解説します!!ベーシックインカムについて耳にしたことはあるでしょうか?

りょーすけ
りょーすけ
国民全員に毎月お金が自動で振り込まれたらすごくない?

毎月数万円がもらえる。それがベーシックインカムtという制度です!

フィンランドでは失業中の方に対して一定額支給するタイプのベーシックインカムも試験的に導入され国際的にも関心を集めていましたね!

ベーシックインカムとは

そもそもベーシックインカムとは何なのでしょうか

国民最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想。生存権保証のための現金給付政策は、生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などのかたちですでに多くの国で実施されているが、ベーシックインカムでは、これら個別対策的な保証を一元化して、包括的な国民生活の最低限度の収入(ベーシック・インカム)を補償することを目的とする。従来の「選択と集中」を廃止し、「公平無差別な定期給付」に変更するため、年金雇用保険生活保護などの個別対策的な社会保障政策は、大幅縮小または全廃することが前提となる。 包括的な現金給付の場合は配給制度であり、国民全員に無償で現金を給付するイメージから社会主義的と批判されることがあるが、ベーシックインカムは自由主義資本主義経済で行うことを前提にしている場合が多い。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0

ちょっとわかりにくいですが、ベーシックインカムは直訳すると基本的な収入を意味し、毎月一定額を国民に対して振り込む制度のことです!

現行の生活保護が国民全員に対して付与されるといったイメージですね。何もしなくても毎月お金がもらえるという、ある種夢のような制度ですが本当に可能なのでしょうか。

次に、どういった仕組みで成り立つかを解説していきます

ベーシックインカムの仕組み

ベーシックインカムを導入する場合、100超円ほどの社会保障費からねん出されることになり計算上では約7万円ほどがもらえるという試算があります。

しかし、ベーシックインカム導入時には基本的に生活保護などの社会保障はすべて撤廃することが条件とされていて、一部の低所得者にとっては単純に所得を下げることにつながるといった問題もあります。

いくらもらえるの?

試算上では毎月7万円は可能とされており年額にすると84万円ほどです。東京など家賃の高い場所ではなかなか暮らしていくのは難しいですが地方の家賃があまりかからない地域なら

家族4人の場合

月収入→28万円 

家賃→5~6万円

月の生活費は20万円

「意外にに生活できそう…?」

これくらいの生活費であれば意外と最低限の生活は可能だと思うのではないでしょうか。

もちろんこれは一切働かずにいた場合なので実際には正社員なり、アルバイトなりで足りない分は補うことができます。ポイントはもし働けなくなってもある程度の生活レベルは保証されるということ

一切働かなくとも贅沢しなければ余裕で生活できる

実現したらどうなるの?

ベーシックインカム導入においてのメリットとしてよく語られるのは嫌な労働はしなくてもいいってことなんです。

これってとっても意義があると思いませんか?ほかにも

  • やりたくない仕事はやめやすくなる
  • 給料の低い自分のやりたい職につきやすくなる
  • ブラック企業は社会からなくなる

最低限生活の保障があるため、無理して嫌な仕事をする必要がなくなり、給与が低くてもやりたい仕事(漫画を描いたり・自由にアルバイトしてみたり)が可能になります

嫌な仕事をする人が減るのでブラック企業に勤める人は減少し淘汰される流れも一緒にできていきますのでいいことばかりですね

最後までお読みいただきありがとうございました!