お金

本を安く買う方法【メルカリを活用しましょう】

社会人になると月の平均勉強時間は平均して6分になるっていう話ご存知ですか?

仕事のことばかりで本を読みたくてもなかなか時間が取れなかったり、ビジネス書自体が安くはないので手を出し辛くなったり。

ちなみに僕もビジネス書が好きで月に数冊は読むようにしています。

おすすめは西村博之さんの本ですね。

独自の観点から日本の未来やお金の話をされていてとても面白いです。

最近だとこの2冊がおすすめ!自信がついたりお金の教養を身につけたりできますよ。

さて、とは言っても新品で買うとどちらも1000円以上と決して安くはないお値段。

今回はもっと安ければ本を読めるのにと言った方向けにメルカリ活用をお勧めしていきます。

本屋に行くことがいい本との出会い

本屋に行くのってお目当ての本があってもなくても楽しいものですよね。

新しい本が並べられていて、今どんな本が人気があるのかわかったり実際に手に取ることができるという魅力はやっぱり素敵です。

ネットで買うのも当然いいんです。

実際にお店に行って購入する過程をすっ飛ばして目的のものを手にいれられるのは本当に便利。

それでも本屋での出会いはやっぱりいいですしワクワクします。

みなさんも本屋で手にとって買いたい気持ちってきっとどこかにあるはず。

メルカリで出品する

安く読む解決策としての今回のテーマはフリマアプリのメルカリを活用することです。

メルカリは個人同士で売りたい買いたいを繋げてくれるサービスで出品ボタンを押して商品の写真を撮るだけで売ることができます。

より高く売れるのは、

  • 新しい本
  • 状態が良く綺麗に読んだ本
  • 新しくはないが需要のある本 etc.

最近だとメモの魔力という本が1020円で売ることができました。

実際1500円ほどで買ったので差額は500円程度半値ほどで読むことができたのでかなりお得でした。

(メモの魔力は新しいアイデアや発想に強くなれる面白いものでした)

手数料について

もちろん販売には手数料が取られてしまうのでここは注意です!

販売価格の1割をメルカリに、送料として170円ほども負担が必要です。

実際には、アプリ側が勝手にやってくれるので僕たちがするのは写真を撮って売れたらコンビニに持ち込むだけなので面倒ごとは意外と少なく。

読み終わって本棚にしまっておくだけなら早めに売った方がいいかもしれません。

ブックオフなどに持ち込んでもいいと思いますが、店舗や従業員を抱えているブックオフは利益優先のためかなり安く買い叩かれる恐れがあります。

個人間なら売りたい価格・買いたい価格で交渉できるのがポイントですね。

メルカリは大きな図書館である

もっと安くするにはメルカリで買って読んだらメルカリにまた出品するというのが王道かと思います。

僕自身は本屋さんに行くことが好きなのであまりしませんが、コスパ重視ならかなり効率はいいですね。

個人間のやりとりが簡単にできるようになったので一つのものをみんなで楽しむシェアの精神が流行っているなあと感じています。

わざわざ新しいものにこだわらなければいい本だったりゲームだったり、新しいものをどんどん取り入れるようになったのは大変便利で今後はもっと生活のコストが安くなってくるのではないでしょうか。

Blog Village
Blog Village

にほんブログ村 その他生活ブログへ