お金

家計簿がめんどくさいならつけないのもアリ【自動化しましょう】

家計簿がめんどうなら

こんにちはりょーすけです。

家計簿って「つけたら効果あるんだろうけど毎日書くのはめんどう」という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

今回は家計簿つけなくても問題ないですよというお話です。

家計簿がめんどさいならつけないのもアリ

そもそもなぜ家計簿つけるのか

家計簿をつける理由はシンプルで

  • 無駄使いをしていないか確認するため
  • いくら使ったのかを見える化するため
  • 節約のため

基本的には日々のお金の使い道を見えるようにすることで節約や無駄使いを防止するためですよね。

日々の支払いや食費・光熱費・家賃などでいっぱいいっぱいになってしまうのを防ぐために家計簿をつけるのではないでしょうか。

毎日支払いの際に無駄使いかどうか判断する

家計簿をどうしてもつけられないという方におすすめなのがこの毎日の支払いの際に一度「これは無駄にはならないのか?」と自分に問いかける方法です。

家計簿をつけたとしてもそこに書いてあるのは日々の支払いの集合体でしかありません。

つまり、あなたは一度財布を開けてお金を支払ってもいいという判断をした結果が家計簿に書いてあることになります。

それをあとからあれは無駄だったと思うのであれば、買い物をするタイミングで少しだけ慎重になってみてはいかがでしょうか

日用品などであれば

  • 本当に必要なのか
  • 使うタイミングはいつなのか
  • 借りたり家にあるもので代用できないのか

このあたりを気にすることで無駄使いはグッと抑えられるはずです。

たいていの買い物の場合は、必要品のことが多いのでまずは家賃や通信費などの固定費から見直してみるのがおすすめです。

格安simの携帯なら月/3000円くらいにすることができますよ

それでも家計簿つけたいなら自動化がおすすめ

クレジットカード支払いで管理

クレジットカードはアプリなどで明細を管理できるので、自分がなににいくら使ったのかを視覚的に見ることができます。

実質、家計簿と変わらないのでおすすめです。

メリット

  • 支払いをクレジットカードにするだけで明細がいつでも確認できる
  • 1%前後のポイントが付くため買い物自体もお得

現金を出す手間も省くことができ会計はスピーディ・多くのクレジットカードは0.5%~1%のポイントがたまり年間にすると数万円の差になる

デメリット

  • 支払いをほとんどクレジットカードにしないと家計の全体像が見えてこない
  • クレジットカードの対応していない店の場合は現金払いになり明細に表示されない

もちろんクレジットカードの明細なので、クレジットカード以外の支払い方法の場合は把握できなくなる

現金払いしかできない店や交通費・口座引き落としなどは見える化できない

家計簿アプリマネーフォワード

無料の家計簿アプリならほぼ自動で家計簿をつくってくれます。

僕が利用しているのはマネーフォワードというアプリ

講座やクレジットカード、ポイントカードなどを登録するだけで勝手に資産を見える化してくれます

支払いが自動でカテゴリーに分けられる
講座連携で今いくらあるのかが一目で分かる
今月の支払い額等も見える化可能

現在の預金高や、お金の流れをすっきり見やすくまとめてくれるのでかなり便利です。無料でも利用できるのでまずは登録してみてはいかがでしょうか

マネーフォワード公式サイトはこちら