雑記

appleケアで交換したiPhoneはリサイクル品?確認方法は?

前回の記事でiPhone買取の罠にはまったりょうすけです。僕はiPhoneを買取に出す際に交換品は価値がガクッと下がることを知りました。

appleのサポートやカメラのキタムラなどの店舗サポートでiPhoneの交換処置をされた場合には、新品同様の中古品の可能性があります

iPhoneを店舗で買取する時には注意が必要です↓↓

なぜリサイクル品の可能性があるのか

前回の記事でも説明したように、appleのサポート内容には初期不良、製品不良の場合には新品同様の製品・同様の品質の製品との交換という記載があり、

基本的には部品の一部などに問題のあった製品の使える部品を利用したリサイクル品が回ってくることが多いようです。

新品同様なら何が問題なの?

って思いますよね。基本的には品質等に問題はなく、ただ買取などの際に査定額に響いたり、たとえ使用していないとしても中古品扱いになってしまうことがあります。

中古品であるだけでなく、

一部の買取店においては買取不可の対応をされたり、ほとんど価値が付かないような場合もあるため注意が必要です。

リサイクル品の見分け方

最近だとメルカリや中古の販売店でiPhoneを買う人も多いかと思います。

そういった方のために簡単に交換品か否かを見分ける方法をご紹介しておきます。

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」→「モデル番号」

このモデル番号がMから始まれば新品・Nなら交換品です。

交換品だとしても買取できる場合があるのであきらめないでくださいね↓↓