ブログ論

【雑記ブログは収益化できない?】雑記ブログから雑誌ブログへ移行していこうと思う

雑誌 ブログ 白

こんにちはりょーすけです

今回はブログでアクセスアップや収益化を考えている方に向けての記事で、雑記から雑誌ブログへという超マイナーな話題について話していきたいと思います。

結論:雑記ブログというのは収益化やアクセスアップからは遠回りです。効果的・効率的に運営していくためにもテーマを絞って雑誌ブログを書きましょう

通常ブロガーがブログを開設してから悩む問題としてどんなブログにするのかというのがありますね

りょーすけ
りょーすけ
多くの人は書きたいことがまとまっていないから何でも書ける雑記ブログを書くことが多いね

雑記とは…何でも書けるテーマ性が薄いブログのこと。一つのテーマに絞ることで書きたいものだけ書けるということはなくなり一種の縛りが発生する。その一方で話題は無限のため続けやすかったり、記事が増える中で自分の適性が見えてきたりする

雑誌ブログとは…何でも書くことのできる雑記よりはテーマを絞り3~4つのテーマを決めブログを運営していくこと。テーマ性が高く雑記よりもファンを作りやすいとされている。またテーマを1つに絞ったのが特化ブログと呼ばれ、その道の専門となることで読者からの信頼性やファン作りやすくなるといわれている。

何でも書ける雑記ブログも書き手の色が出ていてとてもいいのですが、収益化・早期成長という観点からお話していきます

ブログの基礎についてはこちら

雑記ブログの欠点

次に雑記ブログの欠点として①ファンになりにくい②記事同士の関連性が薄くなってしまう③リピートで読んでもらえる確率が下がる、の三つのポイントに絞ってかいていきます!

読者がファンになりにくい?

ブログを収益化していく上ではどれだけページが読まれるか(PV数)はやはり大きな指標です。このPVを獲得していくにあたって重要なのは、どれだけおなじ方が読みに来てくれるか(リピート率)でしょう

読者は大きく2パターンで初めてブログを閲覧した方かリピーターかのどちらかです。ということはいかに繰り返し読んでくれる読者(ファン)を作ることが重要なのかわかると思います!

雑記ブログというのは、記事の内容に一貫性がないため一つの記事に興味を持ってもらっていても他の記事では別の内容になっているため繰り返し読まれる可能性がその分減ってしまいます(ファンになりにくい)

記事同士の関連性が薄い(回遊率が下がる)

記事同士の関連性が薄いとどうなるのかというと、読者が読みたい内容のテーマがその記事しかない→一つの記事だけ読んで終わり(ブログをそっと閉じる・・・)という事態になります

逆に関連性が高いと、

「ブログのテーマは何がいいのかな…?」→ブログのおすすめテーマの記事を読む

「おすすめのテーマはjinか~、ブログの書き方も載ってる!」→ブログの書き方、始め方の記事を読む

という一定のループが出来上がります!多くの記事を読んでもらうことでPV数が上がり、また信頼性を獲得できていれば次回も読んでくれる確率が高まります!

記事一つ一つの関連性を高めて【あわせて読みたい】と表示したり、読者の理解度を上げて居心地の良いページ作りが回遊率を上げるうえでは重要になってきます。

リピート率が低い

繰り返しになりますがブログにおいてはリピートされるかどうかは最も重要です。例えば実際のお店だった場合、

一度来た客が二度とこない店→来てくれる客(需要)は一定数のため、あっという間につぶれてしまいます。

新規顧客の来店は見込めないお店も常連客100人が毎日くればそのお店は経営を続けていくことができるのではないでしょうか

・記事同士の関連性を高める→読者が知りたい情報をどんどん届けられるため居心地アップにつながる!

・テーマを絞ることで専門性が高まり読者が繰り返し読みに来てくれる可能性が高まる!

→ブログが伸びる!!

次回はブログのテーマ選定について書いていこうと思います!最後までお読みいただきありがとうございました!

Blog Village
Blog Village

にほんブログ村 その他生活ブログへ