雑記

【転勤のメリット・デメリット】入社してから思うポイント

こんにちはりょーすけです。

早速ですが転勤手効率悪くないですかね?僕は現在、流通系企業の総合職なのですが全国転勤ありの会社です。

最近は転勤についての意見がネット上にも多く、否定的なものも少なくありません。

今回は転勤がある会社に実際に入社してみてどうなのか。という観点でお話していきます。

【転勤のメリット・デメリット】入社してから思うポイント

転勤は企業でいえば営業のような総合職に多いです。事務系やエンジニアは転勤が少ない印象がありますね。

というのもオフィスで仕事が完結するような場合は転勤させるほうがお金や時間もかかるので企業側にもそれほどメリットがないからです。

総合職というのはいわば何でも屋というイメージだとわかりやすいと思いますが、一人の人間に対して多くの可能性を残しつつ企業が使いたいようにその人材を自由に配置することから転勤は起こります。

そのため、突如会社に命じられてから数週間後には全く別の県・もしくは別の国なんてこともあります。

労働者側からすればいきなり住む場所や職場が変わり、家族と離れて暮らさなければならないなど問題が発生しますが、会社に命じられるがままということが多いのではないでしょうか。

はっきり言いますが自由な場所に住むという権利を奪われているのと同義なのです。

メリット

実際には良い部分もあるのでそれを先に紹介します。

  • 様々なところに住んでみたい人にはおすすめ
  • 多くの職場を経験するため経験が積める(海外など)
  • 社宅など家賃補助の割合が多い

全国展開している企業などは様々な地域に住むことのできる可能性があります。一つの場所に縛られることなく働くことができるのは魅力かもしれません。

また海外に支店がある場合には駐在などの可能性もあり、語学や文化を学ぶといった面では成長できる環境とうれしい人もいるのでは?

他にも社員寮や社宅などは賃料が安い場合が多く固定費を下げることにつながるため可処分所得が上がります。固定費を減らすことが貯金への近道なので空いたお金を趣味や勉強、投資などに回すことも可能です。

お金の記事はこちらもどうぞ↓↓

デメリット

デメリットは

  • 引っ越しのタイミングがつかめない
  • 子育てに向かず、単身赴任が多い
  • 住みたい場所に住むことができない

まず、引っ越しのタイミングがわからないっていうのはかなりヤバいです。その地域の人間関係や生活ががらりと変わるのに伝えられるのは1ヵ月~2週間前っていうのは単純に恐ろしいです。

転勤の規模にもよりますが、家から通えなくなるほど職場が遠くなる場合は家族ごと引っ越すか単身かを選ぶ必要があります。

子供がいる場合には負担もあるため、単身赴任を選ぶ人が少なくありません。その場合、家賃も倍払う必要が出てくるため合理性に欠けます。

僕の職場にも単身赴任している方がいますが社宅とは別に家族用の家を借りているため家賃で収入の大部分を持っていかれるそうです…

転勤賛成の方良かったらご意見くださいね!