お金

株主優待の始め方解説

雑誌 ブログ 白

こんにちはこのブログを運営しているりょーすけです

株主優待って聞いたことあるし、興味もあるけど始め方や仕組みが難しそう…

こんな風に考えていませんか?

実際に株主優待は仕組みさえ理解すれば問題なく始めることができますよ。

今回は主に始め方と仕組みについてまとめていきます。

・優待初心者の方に向けての仕組み

・証券口座の選び方を解説します

株主優待とは

株主優待とは株式を長期的に保有している株主に、「株式を持ってくれてありがとう」という感謝の気持ちを込めて、配当金とは別に「企業の自社製品やサービスなど」などを提供するものです。この‘株主優待’は各社によって異なり、金券を配るところもあれば、自社のサービスの提供、お米などの現物支給など各社様々です。また、優待は、現在約1,000社程度が導入しており、配当金同様に安定的な収益となることから、大きな注目を集めています。さらに、優待内容は株式の保有株数などによっても異なり、保有数が多いほどより充実した優待を受けられる企業もあります。
 具体的にはどのような“優待”があるのでしょうか。みんかぶが厳選した注目優待について紹介します。

  https://minkabu.jp/beginner/lesson/2.html  みんなの株式より

株主優待とは、企業が発行する株式を保有する代わりにプレゼントをわたすといったイメージです。

優待内容は様々で、自社のクーポンやクオカード、自社製品などがありますね

自社製品の詰め合わせのカゴメ
ハンバーガーやドリンクの引換券のマクドナルド
すかいらーくグループは食事券がもらえます

株主優待の始め方

証券会社で口座をつくる

株式を購入するためにはまず証券会社で口座を作る必要があります。

口座を作る際は手数料が安いネット証券がおすすめです。

僕が実際に使っているのは楽天証券で、こちらは株式の購入の際に一緒に楽天ポイントがたまるためお得です

楽天証券はこちら

優待株の選別

口座を作ったら次は優待株を選びましょう。

選ぶポイントは大きく3つです

  • 優待で選ぶ
  • 配当金で選ぶ
  • 業績の安定性で選ぶ

優待で選ぶ

優待で選ぶ場合はみんかぶなどのサイトで企業の優待をチェックすることが簡単です。

優待の内容は

  • 自社製品詰め合わせ
  • クオカード類
  • カタログ

など種類が豊富なので、好みのものを選びましょう。

また、優待利回りという指標もあり、合わせて参考にするといいです。

優待利回りとは、株式取得にかかった費用に対して1年間でどれだけのリターンがあるかという指標のこと

優待利回り3%の株を100万円で購入した場合、年間で3万円ほどの優待を得られるということです。

配当金で選ぶ

優待のほかに配当金を出している会社があります。

配当金は1株当たり○○円という形で表され現金のため優待よりも汎用性が高いです。

配当金は優待と同様に会社の業績によって変動するものです。配当金が高いからと言って安易に株を選ぶことは危険なため避けましょう。

業績や将来性などについてある程度調べてからの購入をおすすめします。

業績の安定性で選ぶ

優待の獲得

 株主優待

Blog Village
Blog Village

にほんブログ村 その他生活ブログへ